シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

E・マクレガー、「男同士のラブ・シーンはエキサイティング!」

 1998年の『ベルベット・ゴールドマイン』でクリスチャン・ベールとラブ・シーンを演じたユアン・マクレガーが、女優とのラブ・シーンより楽しかったと語っている。マクレガーは、「すごくうまく行ったし、素晴らしかったけど、シーンを長く続けすぎた。女優とラブ・シーンをあんなに続けることは、絶対にできないと思ったよ。シーンを撮影してる最中に、”馬鹿げてる”と思って周囲を見渡してみると、カメラは回り続けているし、”カット”の声もないんだ。男性とのセックス・シーンを演じるのは、最高にエキサイティングだった。普段は経験しない特別なことだよ」と話している。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 3月
  4. 29日
  5. E・マクレガー、「男同士のラブ・シーンはエキサイティング!」