シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

R・ポランスキー、未成年と淫行の罪を精算

 映画監督のロマン・ポランスキーが米国に帰国する。25年前に、13歳の女の子と性行為をした罪について、裁判に決着をつけるためだ。アカデミー賞候補にもなったポーランド出身のポランスキーは、1977年に友人のジャック・ニコルソン宅にいるところを逮捕された。彼の罪状は、未成年者のレイプを含む6件。未成年との淫行で懲役を言い渡されたが、刑の執行前にフランスへ逃げていた。その後も逮捕を恐れ、合衆国への帰還を拒みながら、『ナインス・ゲート』などの映画制作を続けていた。今回、ポランスキーの弁護士が、和解金の支払いで刑を免れるよう交渉したため、帰国を決断したと思われる。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ナインスゲート from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2008年10月28日 16時59分)
    コレクターってのはいつの時代にもいるようで、そのコレクションが希少なら希少な程価値があって… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 4月
  4. 19日
  5. R・ポランスキー、未成年と淫行の罪を精算