シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『メン・イン・ブラック2』でパグ犬注意報

 先日、日米同時に封切られた『メン・イン・ブラック2』で、準主役的な存在がパグ犬であることに、アメリカの動物虐待防止協会のロサンゼルス支部(SPCA.LA)が今後の影響が心配であるとコメントした。犬が主役の映画が封切られると、その主役の犬種を安易に飼いたがる人が増えるからだ。動物愛護協会などのシェルターには未だにダルメシアンやコリーなどが多く保護されているという。SPCA.LAは、映画を観た後に子供にパグ犬をねだられたらぬいぐるみを買ってやるよう呼びかけている。また、シェルターなどから保護する場合は、パグ独特の性質やニーズを十分勉強してから引き取るよう注意を呼びかけている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 7月
  4. 10日
  5. 『メン・イン・ブラック2』でパグ犬注意報