シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

G・パルトロウ、母娘共演作の監督決定か?

 グウィネス・パルトロウが20世紀を象徴する詩人に扮する、ユニヴァーサル・ピクチャーズの新作映画の監督に、ニュージーランド出身のクリスティーン・ジェフスがあたるかもしれない。これは63年に二人の子供を残してガス自殺した女流詩人シルヴィア・プラスの半生を描いた伝記映画で、プラスがスミス・カレジ卒業後英国ケンブリッジ大学に学び、英国詩壇の重鎮テッド・ヒューズと出会い、結婚し別居するまでを中心に描かれる。パルトロウの母親であるブライス・ダナーがプラスの母親役で共演し、脚本はジョン・ブラウンローが手掛ける。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 8月
  4. 12日
  5. G・パルトロウ、母娘共演作の監督決定か?