シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

S・ヨハンソン、ヒロインに抜擢

 ケイト・ハドソン、キルスティン・ダンストと主演候補が次々と交代していた『ガール・ウィズ・ア・パール・イアリング』(原題)のヒロインに『ゴーストワールド』のスカーレット・ヨハンソンが決まった。これは17世紀芸術を代表するオランダ人画家ヨハネス・フェルメールの肖像画をモチーフにしたトレイシー・シュヴァリエの小説「真珠の首飾りの少女」を基に、フェルメール家に召使いとして雇われたヒロインが主人であるヨハネスと恋に落ちてしまう歴史フィクションだ。『ブリジット・ジョーンズの日記』のコリン・ファースが画家のヨハネスに扮し、監督はTV界出身のピーター・ウェバーがあたり、脚本はオリビエ・ヘトリードが手掛ける。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 8月
  4. 21日
  5. S・ヨハンソン、ヒロインに抜擢