シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

R・ファインズ、ハンニバル映画出演の動機

 狂気の博士、ハンニバル・レクターを描く最新映画『レッド・ドラゴン』(原題)に出演したレイフ・ファインズが、出演の動機を語った。ファインズによると、「最初は懐疑的だったけど、脚本を読んでみるとすばらしいものだった。それに、キャストにエドワード・ノートンやアンソニー・ホプキンスの名前を見て、ぜひそこに自分の名前を連ねたいと思った」そう。この新作は前作『ハンニバル』より心理的恐怖が大きく、より『羊たちの沈黙』に近い雰囲気を持つ作品。レクター博士の恐怖はまだまだ続くようだ。[エジンバラ 8月23日]


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 羊たちの沈黙(出演 ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス)動画有 from エンタメ動画日記 −映画等の紹介− (2007年1月14日 12時57分)
    1991年 アメリカ映画 監督 ジョナサン・デミ 出演 アンソニー・ホプキンス ジョディ・フォスター 連続女性誘拐事件が立て続けに起こっていた。その被害者達は、大柄で小太りな女性ばかり。皮を剥がれて放置されるといった猟奇的連続殺人であった。 行き詰まったFBIは、奥の手として天才精神科医レクター博士(アンソニー・ホプキンス)の力を借りることを決意。 レクター博士は天才とも言われた元臨床精神科医であったにも関わらず、彼自身も多数の患者を食い殺したとされる猟奇的殺人者であった... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 8月
  4. 27日
  5. R・ファインズ、ハンニバル映画出演の動機