シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ナバロンの要塞』のJ・リー・トンプソン監督死去

 『恐怖の岬』、『猿の惑星/征服』などの監督であるJ・リー・トンプソンが鬱血性心不全のためカナダで亡くなった。88歳だった。イギリス出身のトンプソンは1961年に『ナバロンの要塞』でアカデミー賞にノミネートされた後、『ハックルベリーの冒険』などアメリカを題材にした映画を多く手がけた。トンプソンと一緒に映画を製作したパンチョ・コナーは、「彼はとても紳士的な人で、類まれな才能を持った人物だった。一度一緒に仕事をした人は、必ずもう一度一緒に組みたがったものだよ」とコメントしている。[ロサンゼルス 9月2日]


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ナバロンの要塞』<午前十時の映画祭2>| 戦下でも人の心を失わない男たち。 from 23:30の雑記帳 (2011年10月23日 23時33分)
    タイトルが面白いです。 ドイツ軍がナバロンの要塞を死守する戦争映画かと思ったら、 そうではなくて、6人からなるイギリス軍御用達の 即席チームがはるばる破壊しに行く話で ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 9月
  4. 4日
  5. 『ナバロンの要塞』のJ・リー・トンプソン監督死去