シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

T・クルーズとN・キッドマン、ルイ・ヴィトンの子会社を訴える

 モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン社の子会社である化粧品会社セフォーラUSAを相手取り、トム・クルーズとニコール・キッドマンが訴訟を起こした。訴訟理由は、同社の2001年のバレンタイン商戦の化粧品広告に、無断で二人の写真を使用し「ハリウッドのロイヤルカップルは常に私たちを魅了してやまない」というキャッチフレーズで宣伝に利用したこと。クルーズとキッドマンは損害賠償金として1500万ドル、連邦法であるラーナム法(商標法)に基づき4500万ドル、合計6000万ドルの支払いを求めている。クルーズはこれまでに多くの訴訟を起こしてきたことで知られているが、それらすべてに勝訴していることでも有名である。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 9月
  4. 24日
  5. T・クルーズとN・キッドマン、ルイ・ヴィトンの子会社を訴える