シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

K・ローチ監督、英国の映倫に抗議

 今年のカンヌ映画祭で脚本賞に輝いたケン・ローチ監督の『スウィート・シックスティーン』(原題)が日本の映倫的組織、英国映画分類委員会から「18歳未満の鑑賞禁止」という、上映基準として最も厳しい格付けをされ、ローチを憤慨させている。R-18指定の理由は200以上にわたる「不適切で激しい、または汚い言葉」。ローチは、ティーンエイジャーのリアルな世界を描くため、無名のティーンを起用。指摘されたこれらの言葉は実際に街で使われており、それを見て見ない振りをする委員会は夢物語の中で生きていると抗議したが、彼の言い分は却下された。この作品は演技指導を受けていない素人を起用したことから、スコットランドなまりがあまりにも強く、カンヌ映画祭では英語の字幕つきで上映された経歴を持っている。[ロンドン 10月4日]


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2002年
  3. 10月
  4. 8日
  5. K・ローチ監督、英国の映倫に抗議