シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

J・ビノシュ、ジャーナリスト役の苦労

 新作『カントリー・オブ・マイ・スカル』(原題)を南アフリカで撮影中のジュリエット・ビノシュが、この作品でジャーナリストを演じることを「感情的で、要求の高い仕事」と語っている。この映画は、南アフリカでアパルトヘイトの傷を癒す目的で設立された「真実と和解の委員会」を軸にしたドラマ。ビノシュは、「これは恐怖についての映画」と、この国が背負った辛い過去に直面する心労を語った。[4月4日 ケープタウン]


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 4月
  4. 7日
  5. J・ビノシュ、ジャーナリスト役の苦労