シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

J・ジョーンズ、少年の裸体撮影を認める

 『フェリスはある朝突然に』のジェフリー・ジョーンズが少年の裸を撮影するため、14歳の男の子を雇ったことを認めた。罪を認めたことにより、家から押収された児童ポルノなどの所持については起訴されないことになった。ジョーンズは執行猶予5年を言い渡され、性犯罪者として名前が記録される。アメリカでは性犯罪者が地域に引っ越してきた場合、地元のPTAなどに連絡が行くことになっているだけでなく、インターネットなどでも記録が公開される。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 7月
  4. 10日
  5. J・ジョーンズ、少年の裸体撮影を認める