シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

M・リチャードソン、機内上映に激怒

 ミランダ・リチャードソンが、複数の航空会社に対して怒りをあらわにしている。飛行中、ニコール・キッドマンがアカデミー主演女優賞を受賞した映画『めぐりあう時間たち』を上映しているアメリカン航空とコンチネンタル航空は、この作品に登場する女性同士のキスシーンをカットした。これに対しリチャードソンは、「カットするなんて、全く馬鹿げてる! ブリティッシュ航空の雑誌には、この作品をレズビアン映画だと書かれていて、それも信じられないわ」と、米英の航空会社への憤りを語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 7月
  4. 15日
  5. M・リチャードソン、機内上映に激怒