シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

K・ヘプバーンはM・ストリープが嫌い?

 自分の死後に出版されることを条件に書かれたキャサリン・ヘプバーンの伝記がアメリカで出版された。それによると、ヘプバーンはシルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーがなぜスターになれたのかがわからないと言う。シュワルツェネッガーに至っては「あのオーストリア訛りでは何を言っているのかもわからない」とコメントしている。また、最も好かない女優としてメリル・ストリープが名指しされ、「あまりにも頭で考えすぎて、演技のテクニックにばかり頼ろうとする」ところが嫌いな理由だそうだ。好きだった俳優にはジョン・トラヴォルタ、メラニー・グリフィス、ジュリア・ロバーツなどが挙げられている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 7月
  4. 14日
  5. K・ヘプバーンはM・ストリープが嫌い?