シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

K・コスナー、等身大のラブ・シーン

 ケヴィン・コスナーが、最新作のウェスタン映画『オープン・レンジ』(原題)のなかで見せるラブ・シーンについて、実生活のフィアンセ、クリスティーヌ・バームガートナーとの関係を投影していると語った。共演者のアネット・ベニングと、ロマンチックなシーンを演じるコスナーは、「このラブ・シーンで使われる言葉の多くは、クリスティンと僕との間に交わされたものから直接引用されている。僕らの関係はどちらか一方が、相手よりよく状況を把握しているんだ」と語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 9月
  4. 5日
  5. K・コスナー、等身大のラブ・シーン