シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

H・グラント、映画賞に物申す

 ロマコメの貴公子、ヒュー・グラントが、主な映画賞の評価について不満を感じている。グラントはこれまで『フォー・ウェディング』『ノッティング・ヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』など、数々のヒット作品に出演しているが、主だった映画賞には無縁。グラントいわく「コメディは、シリアスな演技よりも難しい。映画賞は、シリアス派だけでなくコミカルなものにも目を向けるべき」とのこと。「超シリアスな、つまらない映画が賞をさらっていくのを目にすると、歯軋りしちゃうよ。神に誓って、コメディのほうが難しいといえるのに!」と語っている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 11月
  4. 11日
  5. H・グラント、映画賞に物申す