シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

C・ファレル、誤って共演者を刺す

 オリバー・ストーン監督の新作『アレキサンダー』(原題)の撮影中に、コリン・ファレルが共演者を刺してしまうという事故があった。刺されたのは、ボクサーから俳優に転身したゲアリー・ストレッチ。ファレルとの格闘シーンの最中、ナイフが防護用のパッドをつらぬいて腹まで達してしまった。ストレッチは病院で検査を受けた後、翌日から撮影に戻っているという。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 12月
  4. 17日
  5. C・ファレル、誤って共演者を刺す