シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ナオミ・ワッツ、リュック・ベッソン監督作へ

 『21グラム』のナオミ・ワッツが、リュック・ベッソン監督の新作へ出演することになった。ワッツの役は、原題タイトルにもなっている主人公デイジー・スカーレットで、当初、ケイト・ベッキンセールが想定されていた。MI6のエージェントであるデイジーが、著名人の死にまつわる陰謀に巻き込まれていく物語。製作は、ワッツが『リング2』を終え次第、開始される予定。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 7月
  4. 6日
  5. ナオミ・ワッツ、リュック・ベッソン監督作へ