シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

トム・ハンクス、今度はSFファンタジー小説を映画化

トム・ハンクス、今度はSFファンタジー小説を映画化
もう直ぐ再来日するトム・ハンクス

 人気絵本を映画化した感動アドベンチャー『ポーラー・エクスプレス』を手掛けたトム・ハンクスとプロデューサーのゲイリー・ゲッツマンのコンビが、今度は人気SFファンタジー小説を映画化することを明らかにした。映画化されるのはジェニー・デュープロの「エンバー 失われた光の物語」で、物語は永遠に電気の灯が消えようとしている都市エンバーに住む12歳の少女リーナが屋根裏部屋で奇妙な暗号を見つけ、親友のドゥーンと共に光を求めて冒険の旅へ旅立つ展開だ。脚本は『シザーハンズ』のキャロライン・トンプソンが手掛ける予定で、監督候補にはスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のアニメ『モンスター・ハウス』(原題)のジル・ケナンが挙がっている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 11月
  4. 5日
  5. トム・ハンクス、今度はSFファンタジー小説を映画化