シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

世にも不幸せな14歳と16歳が来日

世にも不幸せな14歳と16歳が来日
今後の活躍が期待されている16歳のエミリーと14歳のリアム

本年度のアカデミー賞でメイクアップ賞を受賞した、ジム・キャリー主演『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』のエミリー・ブラウニング、リアム・エイケンとブラッド・シルバーリング監督が来日記者会見を開いた。

 原作の「世にも不幸なできごと」は、あの「ハリポタ」シリーズに匹敵するベストセラー小説だ。監督は「子供が大人で、大人が子供の物語」と不幸に見舞われ続ける一風変わった作品をアピール。

 主演の1人であるリアム・エイケンは子役出身で、過去にジュリア・ロバーツ、キアヌ・リーヴス、トム・ハンクスといった大物スターらと共演した経歴の持ち主。しかし大勢のマスコミを目の前にした会見には慣れていて、しきりにモジモジと服のすそをいじる姿がかわいらしかった。

 一足早く全米で大ヒットした本作の出演を経て、現在14歳のリアムと16歳のエミリーの今後の活躍が期待されている。

『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』は5月丸の内ルーブルほかにて公開。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 3月
  4. 25日
  5. 世にも不幸せな14歳と16歳が来日