シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ユースケ、カンヌへ!オスカー俳優にも挑戦状

ユースケ、カンヌへ!オスカー俳優にも挑戦状
「世界で1番面白い映画!」と自慢するユースケ・サンタマリアと國村隼、水野美紀

大ヒットした『踊る大捜査線』の番外編『交渉人 真下正義』がついに完成した。14日都内のホテルで開かれた完成披露記者会見には主演のユースケ・サンタマリアをはじめ、主要キャスト、プロデューサー、監督の総勢7名が登場した。

 ハリウッド映画に『交渉人』という作品があることに話題が及ぶと、亀山プロデューサーは「映画の公開日には、同じフジテレビ系列で同映画を放送する予定です」と5月7日は“交渉人”一色にして相乗効果を高める作戦を明かした。するとユースケ・サンタマリアは「その映画は一応観たけど、主演のケビン・スペイシーと比べても僕は負けていないと思うな」とオスカー俳優に対して強気な発言でライバル心をむき出しにした。それもそのはず、同作品はすでに世界公開に向けて動き出しており、5月に開催されるカンヌ国際映画祭のマーケットで売り出す予定だ。

 なお、ユースケは「次回作は『夫婦デカ』になるだろう」と発言しており、今後も“踊る”シリーズから目が離せない。

『交渉人 真下正義』は5月7日より全国東宝系にて公開。
『交渉人 真下正義』公式サイト:<http://www.odoru-legend.com/main.php>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 突っ込もうと思ったがほめて終わってしまった  「交渉人 真下正義」 from 読んだ!観た!喰った! (2007年12月10日 14時46分)
    「踊る大走査線」シリーズのスピンオフ。   「踊る・・・」本編への思い入れはあまりないので、かえって楽しめたのかな。   不思議と矛盾点などがあまり気にならないのは、「どうせテレビだから」とアチキが無意識に思っているからか、あるいは「突っ込みどころ満載ですよ」という作り手の気持ち(?)が伝わってくるからか。おそらくは両方なのでしょう。   ちなみに「テレビだから」ってのは必ずしも悪い意味ではない。なにしろ時間、予算、スポンサー(苦)等々、多くの制約の中で作られる作品ってのは、ある意味その成立自体がスリリ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 4月
  4. 15日
  5. ユースケ、カンヌへ!オスカー俳優にも挑戦状