シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ペドロ・アルモドバル監督、スペイン国内で待望の評価

ペドロ・アルモドバル監督、スペイン国内で待望の評価
アカデミー賞、カンヌ国際映画祭など世界中から高い評価を受けているペドロ・アルモドバル監督

 オスカー監督、ペドロ・アルモドバルの『バッド・エデュケーション』が、2004年のベスト・スペイン映画賞を受賞し、スペイン本国でようやく評価を得た。この作品は、2004年のカンヌ国際映画祭ではオープニング上映され、ニューヨーク批評家連盟賞の受賞や英国アカデミー賞のノミネートなど、国外で高い評価を得ているものの、スペイン国内ではゴヤ賞で4部門にノミネートされながら1部門も受賞が果たせなかった。「故郷ではいつも否定されてきた」と語るアルモドバル監督は、「この賞はとても重要で、興奮している。『バッド・エデュケーション』に対してスペインで唯一与えられた賞だからね」とコメントした。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 6月
  4. 28日
  5. ペドロ・アルモドバル監督、スペイン国内で待望の評価