シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ナターシャ・リオン、C型肝炎で病院のICUに

ナターシャ・リオン、C型肝炎で病院のICUに
私生活がトラブル続きのナターシャ・リオン - Jim Spellman / WireImage.com / MediaVast Japan

 『アメリカン・パイ』のナターシャ・リオンが、C型肝炎のほか、虚脱した肺と心臓の感染症でニューヨークの病院のICUに入院していることが明らかになった。報道によると、ヘロイン中毒治療に使われるメタドン治療も行っているという。リオンがヘロインを使用していたかどうかはわからないが、C型肝炎は輸血のほか、ドラッグの注射針の共有などによって感染することが知られている。父親のアーロン・ブローンスティンは「ブルガリアで『ザ・グレー・ゾーン』(原題)の撮影中に感染したんだと思う。よからぬ連中とかかわったんだろう」とコメントしている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 8月
  4. 23日
  5. ナターシャ・リオン、C型肝炎で病院のICUに