シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イライジャ・ウッド、ゲイと呼ばれても楽しければOK

イライジャ・ウッド、ゲイと呼ばれても楽しければOK
イライジャ・ウッド - Gregg DeGuire / WireImage.com / MediaVast Japan

 イライジャ・ウッドが、自分のことをゲイだとインターネットでふれ回っている人々がいることを知り、笑い飛ばしている。ウッドは、彼らを法的に止めるどころか、その創造性豊かな点に驚嘆さえしているよう。トーク番組に出演したウッドは、「“イライジャ・ウッドはすごくゲイ”なんていうサイトもあるんだ。これは僕のお気に入りで、ものすごく愉快だよ」とコメント。さらに、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのファンにも、彼に同性愛であってほしいと願う人がいるよう。「彼らは、映画の中では描かれない、キャラクター同士の性的な部分を作り出すのが好きなんだ。ある映画祭でファンにプレゼントをもらって、大勢の前で広げてみたら、僕とドミニク・モナハンが甘い愛を交わしているウェブの写真が出てきたんだ。すごく本物っぽかった!」と語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 9月
  4. 20日
  5. イライジャ・ウッド、ゲイと呼ばれても楽しければOK