シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

シエナ・ミラーの最新作をルー・リードが酷評

シエナ・ミラーの最新作をルー・リードが酷評
シエナ・ミラー - Stephen Lovekin / WireImage.com / MediaVast Japan

 シエナ・ミラーの新作『ファクトリー・ガール』(原題)について、ルー・リードが厳しい意見を語った。ミラーはこの作品の中で、アンディ・ウォーホルのミューズとして知られるイーディ・セジウィックを演じているが、セジウィックを知るリードは「脚本を読んだが、これまで見た中でも最悪な、ひどい作品」とコメント。「金儲けのためにどこまで低俗に書くことができるのか、際限がない」と痛烈な感想を述べた。これに対し、ジョージ・ヒッケンルーパー監督は「素晴らしい若い女性についての複雑な物語」と擁護している。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 1月
  4. 27日
  5. シエナ・ミラーの最新作をルー・リードが酷評