シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

新ボンド批判にジュディ・デンチが反論

新ボンド批判にジュディ・デンチが反論
ジュディ・デンチ - Jeffrey Mayer / WireImage.com / MediaVast Japan

 『カジノ・ロワイアル』で新しくジェームズ・ボンド役を演じるダニエル・クレイグについて、「イメージがあわない」と厳しい意見が集まっているなか、M役を演じるジュディ・デンチがクレイグを擁護するコメントをした。大衆紙「ザ・サン」によると、デンチは「人々がダニエル・クレイグを悪く言うのは我慢がならないわ。卑劣なことだし、気分が悪いわ」とコメント。「プラハとバハマで彼と撮影をしたけれど、いい俳優よ。ボンド役に、新鮮さや鋭さをもたらしてくれるわ。この悪評は間違っていると証明されるはず」と語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 3月
  4. 10日
  5. 新ボンド批判にジュディ・デンチが反論