シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ポール・ハギス監督、次回作は問題作?

ポール・ハギス監督、次回作は問題作?
ポール・ハギス監督 - Maury Phillips / WireImage.com / MediaVast Japan

 本年度アカデミー作品賞を含む主要3部門を受賞した『クラッシュ』のポール・ハギス監督が、ベストセラーになった告発本の映画化作品でメガホンを取るかもしれない。映画化されるのは、リチャード・クラークの「爆弾証言 すべての敵に向かって」で、ジョージ・H・W・ブッシュ、ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ大統領のもとテロ対策の中枢を担ってきたクラークが9・11とイラク戦争の真実を告発する内容で、映画化されたら物議をかもす問題作となりそうだ。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 3月
  4. 16日
  5. ポール・ハギス監督、次回作は問題作?