シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「FBI 失踪者を追え!」に363万ドルの罰金

 米連邦通信委員会が、たまっていた約30万件の視聴者からの苦情処理を行い、人気ドラマ「FBI 失踪者を追え!」もその厳しい放送規定の犠牲となった。苦情が寄せられ、罰金を科せられたのは、2004年12月に放送されたエピソード。ティーンエイジャーが乱交パーティをしている様子が映し出され、それがストーリーとなる事件の背景となっていたが、子供たちの性的行動が露骨過ぎると判断されたようだ。放送局のCBSは、「このエピソードはTV14として放送されており、保護者がVチップを設定していれば視聴を制限することはできた。また、このストーリーは社会的に意味のあるもので、保護者の監督責任を促すものでもあった」と、連邦通信委員会の罰金に反論している。363万ドルの罰金は、同番組を放送している計111局で分担して支払われるという。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 3月
  4. 23日
  5. 「FBI 失踪者を追え!」に363万ドルの罰金