シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ケヴィン・スペイシー、コメディ映画で再び悪役に

ケヴィン・スペイシー、コメディ映画で再び悪役に
ケヴィン・スペイシー - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 今夏公開予定の『スーパーマン リターンズ』で悪役レックス・ルーサー役にふんしたケヴィン・スペイシーが、ワーナー・ブラザースの『ジョー・クロース』(原題)で再び悪役を演じることが決まった。すでにヴィンス・ヴォーンの主演が決まっている同作は、家族の厄介者であるサンタクロースの駄目な弟が北極に戻ってきて、名誉を挽回しようと努力する様を描くコメディで、ジュディ・デンチと『シンデレラマン』のポール・ジアマッティ、『ディック&ジェーン 復讐は最高!』のジョン・マイケル・ヒギンズも出演する。監督は全米ヒットした映画『ザ・ウェディングクラッシャーズ』(原題)のデヴィッド・ドブキンがあたり、撮影は今秋からロンドンで行われる予定だ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 5月
  4. 24日
  5. ケヴィン・スペイシー、コメディ映画で再び悪役に