シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

藤原竜也が「死神の声が聞こえる」と発言

藤原竜也が「死神の声が聞こえる」と発言
藤原竜也、松山ケンイチ、金子修介監督

 年内に前編と後編が連続公開という、かつてない大プロジェクトとして実写映画化された話題作『DEATH NOTE デスノート』のジャパンプレミアが東京国際フォーラムで行われ、約1300人のファンが集った。当日、誕生日の金子修介監督に、藤原が花束とリンゴを手渡し、会場が一体となってバースデーソングを歌い、祝った。

 監督と藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、鹿賀丈史による舞台あいさつは、挿入歌「真夏の夜のユメ」を書き下ろしたスガシカオのスペシャルライブで始まった。主演で夜神月役の藤原竜也は、劇中でキーアイテムとなっているリンゴを片手に登場。藤原は劇中、死神と生活をともにする役を演じたことで、「死神は今もそばにいますよ。僕に『緊張してるんじゃないか?』って聞いています」と盛り上げた。

 W杯を意識して「デスノート」巨大フラッグが登場すると、藤原は「日本代表は全勝します! 僕も本作で世界に挑戦したい」と自信満々な発言で作品への意気込みを語った。

『DEATH NOTE デスノート』は6月17日より全国公開。
『DEATH NOTE デスノート』オフィシャルサイト<http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 6月
  4. 9日
  5. 藤原竜也が「死神の声が聞こえる」と発言