シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェニファー・アニストンとブラピの離婚劇はキケンな四角関係だった!?

ジェニファー・アニストンとブラピの離婚劇はキケンな四角関係だった!?
ヴィンス・ヴォーンと順調な交際を続けるジェニファー・アニストン - Jeffrey Mayer/WireImage.com/Media Vast Japan

 ジェニファー・アニストンと、交際のうわさがささやかれているヴィンス・ヴォーンが初めて会ったのは『Mr.&Mrs.スミス』の撮影現場だったということがイギリスの雑誌「ELLE」の記事で判明した。

 『Mr.&Mrs.スミス』はいうまでもなくジェニファー・アニストンの元旦那ブラッド・ピットと、アンジェリーナ・ジョリーが不倫の恋を燃え上がらせてしまったアノ映画。この作品でブラピの親友役を演じていたヴィンス・ヴォーンは、ブラッドが、アンジェリーナの魅力に落ちていく様子を一部始終見ていたはずの目撃者だ。

 そんな、ドロドロの撮影現場に何も知らずに遊びに来たジェニファーに、ヴィンスは何を思ったのかは不明だが、実はジェニファーと出会ったヴィンスがジェニファーに一目惚れしてしまったという説も……。

 ジェニファーと、ヴィンスの仲がうわさされ始めたのは、『ブレイクアップ』(原題)で共演して以来。正式な交際発表はしていないものの、多くの場所で2人のツーショットが目撃されている。実はこの『ブレイクアップ』をプロデュースしているのは、主演のヴィンス本人。もちろん、キャスティングにも大きく関わり、ジェニファーの主演は、ヴィンスが決定したと言っても過言ではないだろう。

 ブラピとジェニファーの離婚騒動の真っ最中に決まったヴィンスとの共演作……。そして、絶好のタイミングでジェニファーにオファーをしたプロデューサーでもある、ヴィンス。

 急浮上した四角関係は、メロドラよりもすごそうだが、複雑に絡み合ったハリウッドの熱愛スパイラルは、すべてアノ映画から始まっていたのだ。ちなみに『ブレイクアップ』(原題)は離婚劇を描いた作品である。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 7月
  4. 28日
  5. ジェニファー・アニストンとブラピの離婚劇はキケンな四角関係だった!?