シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

クリスチャン・ベイル、ラッセル・クロウと共演

クリスチャン・ベイル、ラッセル・クロウと共演
クリスチャン・ベイル

 クリスチャン・ベイルが、すでにラッセル・クロウの主演が決まっている『3:10 トゥ・ユマ』(原題)への出演交渉最終段階にあることが明らかになった。作品は、エルモア・レナードの短編小説を基にデルマー・デイヴィス監督が1957年に映画化した『決断の3時10分』をリメイクするもので、悪名高い大強盗団のボスを護送して3時10分発のユマ行きの列車に乗せるまでを描くウエスタン・サスペンスだ。クロウが悪党ベン・ウェイド役にふんし、ベイルが護送するダン・エヴァンス役を演じる。監督は『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』のジェームズ・マンゴールドがあたり、撮影は今秋から開始される見込みだ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 3:10 トゥ・ユマ from things4u (2008年1月9日 4時0分)
    ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ & ☆人気blogランキング集☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう~☆↑ 久々の映画レビューは「3:10 to Yuma」(原題:3:10 トゥ・ユマ)から。 ダン (クリスチャン・ベイル) は妻アリス (グレッチェン・モル) と二人の息子を抱える小さな牧場主だが、それも荒らされ、早急に金が必要だった。そんな時、村に現れたお尋ね者のベン (ラッセル・クロウ) が逮捕される。彼の仲間がベンの奪回に現れることが懸念されたため、ダンはベンの護送に報酬として約束され ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 8月
  4. 9日
  5. クリスチャン・ベイル、ラッセル・クロウと共演