シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

栄冠は中国映画に、日本映画受賞逃す【第63回ヴェネチア国際映画祭】

 9日、クロージング・セレモニーが行われ、各賞が発表された。栄えあるコンペティション部門のグランプリにあたる金獅子賞に、サプライズ・フィルムとして映画祭開催中にコンペ作に新たに加わった、中国のジャ・ジャンクー監督『三峡好人』が選ばれた。

 同作品は、世界最大級のダム建設のために、住民の立ち退き問題が深刻化している三峡ダムが舞台。16年に別れた元妻を捜す男と、連絡が取れなくなった夫を捜しに来た女性(チャオ・タオ)を追いながら、変わりゆく街の景色や人々の暮らしを映し出していく人間ドラマだ。

 本作品の製作にはかかわっていないが、これまでのジャ・ジャンクー作品には、北野武監督が所属するオフィス北野が長年、出資を続けてきたことで知られている。映画祭ディレクターのマルコ・ミュラー氏から金獅子のトロフィーを受け取ったジャ・ジャンクー監督は「長年、サポートをしてくれたオフィス北野に感謝します」と語った。

 最優秀男優賞に選ばれた映画『ハリウッドランド』のベン・アフレックは授賞式に駆け付けることが出来ず、変わって関係者から彼のメールが読み上げられた。

 日本から出品されたコンペティション部門作品の大友克洋監督『蟲師』と今敏監督『パプリカ』、オリゾンティ部門の押井守監督『立喰師列伝』、青山真治監督『こおろぎ』はいずれも賞を逃した。

 そのほかの受賞結果は次の通り。

【銀獅子賞(監督に対して)】
アラン・レネ監督『プライベート・フィアーズ・イン・パプリック・プレイス』(原題)

【銀獅子賞(新発見した作品に対して)】
エマヌエーレ・クリアレーゼ監督『ゴールデン・ドア』(原題)

【審査員賞】
マハマット=サレー・ハルーン『ドライ・シーズン』(原題)

【最優秀男優賞】
ベン・アフレック『ハリウッドランド』(原題)

【最優秀女優賞】
ヘレン・ミレン『クイーン』

【マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)】
イジルド・ル・ベスコ『ジ・アンタッチャブル』(原題)

【技術貢献賞】
エマニュエル・ルベズキ (アルファンソ・キュアロン監督『トゥモロー・ワールド』の撮影監督)

【最優秀脚本賞】
ピーター・モーガン (スティーブン・フリアー監督『クイーン』)

【特別ライオン賞】
ジャン=マリー・ストラーダ、ダニエル・ユイレ監督『ゾーズ・エンカウンターズ・オブ・ゼアーズ』(原題)

【オリゾンティ賞】
リュウ・ジエ監督 『コートハウス・オン・ザ・ホースバック』(原題)

【オリゾンティ・ドキュメンタリー賞】
スパイク・リー監督 『ウェン・ザ・リーブス・ブロック:ア・レクイエム・イン・フォー・アクツ』(原題)


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 9月
  4. 11日
  5. 栄冠は中国映画に、日本映画受賞逃す