シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ダニエル・クレイグ、ネット批判に傷ついた?

ダニエル・クレイグ、ネット批判に傷ついた?
ダニエル・クレイグ - Mike Marsland / WireImage.com / MediaVast Japan

 新ジェームズ・ボンドとして『007/カジノ・ロワイヤル』の公開を控えるダニエル・クレイグが、出演が決まったときにバッシングを受けたことについてコメントした。クレイグが本作への出演が発表されるとすぐに、インターネットではクレイグのボンド役に反対するウェブサイト、クレイグノットボンド・ドットコムが立ち上がり、耳が大きすぎる、金髪のボンドはダメ、じゃがいも顔、などと批判を受けた。これについてクレイグは、GQマガジンで「傷ついた」と告白。「あの中で言われているようなことは、子供の罵りのようなものだけれど、実際に言われれば傷つくものだ。間違っているよ。そういう人たちを黙らせる唯一の方法は、この役を上手くやりこなすことだ。僕自身ほどそれを感じていた人はいないよ」と、その心境を語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 11月
  4. 9日
  5. ダニエル・クレイグ、ネット批判に傷ついた?