シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

豊川と寺島の過激なベッドシーンに600人の女性が興味津々!

豊川と寺島の過激なベッドシーンに600人の女性が興味津々!
大胆な質問にタジタジの豊川と寺島。

 9日、過激なベッドシーンが話題の『愛の流刑地』の女性限定試写会が、9日、有楽町・朝日ホールで行われ、約600人の女性が映画を鑑賞。上映後には、主演の豊川悦司と寺島しのぶが舞台あいさつに登壇した。

 この日の舞台あいさつは、観客がダイレクトに意見や質問をぶつけるティーチイン形式がとられた。題して「教えて下さい“愛ルケ”指南」。男女の情愛をディープに描いた同作を観たばかりとあって、興奮気味の(?)客席からは、マスコミの記者会見とはひと味違う、ざっくばらんな質問が次々と飛び出した。

 関心が高かったのは、二人が織り成す限界ギリギリのベッドシーン。撮影の苦労を聞かれた寺島は「とにかく必死だった。実際、現場は、格闘技です!」と激白。一方の豊川は、「こんなこと言うと、“愛ルケ”っぽくないかもしれないけど、すごくキレイなラブシーンだと思う」と照れながらコメントした。

 また、「人間は、エクスタシーを知っている者と知らない者の2種類がいる」という作品のテーマにちなんで、「お二人はどちらですか?」という大胆な質問が飛び出した。これにはさすがの二人もタジタジの様子で、豊川と寺島はそろって答えをパス。客席には、今年、成人式を迎えた新成人も多数いたが、“大人の指南”は少々、中途半端に終わってしまった。

『愛の流刑地』は1月13日より全国公開。
『愛の流刑地』オフィシャルサイト<http://www.airuke-movie.com/>


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 1月
  4. 10日
  5. 豊川と寺島の過激なベッドシーンに600人の女性が興味津々!