シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「プリズン・ブレイク」のレイン・ギャリソン、事故時にコカインとアルコール

 昨年12月に、同乗していたティーンエイジャーが一人亡くなる事故を起こしたレイン・ギャリソンの血液検査の結果が公表された。報告書によると、血中アルコール度数は法定制限の2倍で、コカインも検出されたという。警察は、重大な自動車運転業務上過失致死傷罪などでの起訴を検討しており、有罪となった場合、10年以下の禁固刑もあり得る。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • プリズンブレイクはまってます! from さちおブログ (2007年2月15日 2時3分)
    ここから地下に抜けて診療塔へ出る! ...[外部サイトの続きを読む]
  • トゥイーナー役のレーン・ギャリソンの近況 from 猫とプリズンブレイク (2007年2月8日 22時28分)
    昨年の12月2日にトゥイーナー役のレーン・ギャリソンが起こし、同乗者の17歳の未成年が1人死亡、2人の15歳の女の子達が怪我を負った事故について(以前重傷と書いたと思うのですが、重傷の所もあるのですが、軽症だったとレポートしている所もありました)、警察の事故調査に.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 2月
  4. 8日
  5. 「プリズン・ブレイク」のレイン・ギャリソン、事故時にコカインとアルコール