シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

イザイア・ワシントン、クビについて語る

イザイア・ワシントン、クビについて語る
イザイア・ワシントン - John Shearer / WireImage.com / MediaVast Japan

 人気ドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」をクビになったイザイア・ワシントンが、その心境をマスコミに語った。降板させられた当初は、「怒り狂っている」とコメントを出したワシントンだったが、今は落ち着いたようだ。「このような結果になって非常に残念です。プロデューサーや局に言われたことはすべてやってきました。ものすごいストレスとプレッシャーの中、仕事に戻り、きちんとこなしていると自分では思っていました」とワシントン。クリエイターのションダ・ライムズが電話で来シーズンへの出演はないと言ってきたときの落ち着きようが今でも信じられないと語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「グレイズ・アナトミー3」 from musicclub_cinema (2007年10月1日 3時19分)
    メレディス(エレン・ポンピオ)たちはデニーの死から立ち直れないでいるイジー(キャサリン・ハイグル)を心配していた。病院ではインフルエンザが流行り、他の急患も来て混雑していた。交通事故で運ばれて来た夫婦、妻は重症。夫ともどもインフルエンザで病院に向かうと... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 6月
  4. 20日
  5. イザイア・ワシントン、クビについて語る