シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

超大作『ライラの冒険』の異色オーディションは日本一生意気な女子を募集!? 

超大作『ライラの冒険』の異色オーディションは日本一生意気な女子を募集!? 
なによっ! - (C) MMVI NEW LINE PRODUCTION,Inc. All Rights Reserved.

 今ハリウッドで、“第2のハリーポッター”とうわさされている超大作『ライラの冒険 黄金の羅針盤』。本作の日本語吹き替え版で、主人公ライラの声を担当する声優のオーディションが行われる。『ライラの冒険 黄金の羅針盤』は、『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフたちが再結集して作り上げた、ファンタジー映画。本年度カンヌ映画祭で10分間のダイジェスト版が上映されると、迫力の映像技術にマスコミ300名が息をのんだという、注目の作品だ。

 “ギャオーディション presents ファンタジー・ヒロイン・オーディション”と銘打たれた、このオーディションでは、本作の主人公で12歳の少女ライラの日本語吹き替えを担当する女性を募集している。オーディションを勝ち抜いてライラ役を獲得すると、11月にロンドンで行われるワールド・プレミアに招待されることが決定しているほか、最大規模の宣伝費を投じて展開されていく本作のPR活動に参加していくこととなり、まさに優勝すればスター街道まっしぐらのオーディションといえる。

 オーディションで優勝するには、8歳~18歳までの女性であることが必要な上、「ライラに近い性格の女の子」であることが1番の条件だという。

 誘拐された子どもたちを勇敢に助けに行く主人公のライラは、これまでにないタイプの主人公。ハリーポッターのように、マジメな優等生でもなく、『ロード・オブ・ザ・リング』のように心の美しい少年でもない。ライラは、“生意気な女の子”なのだ。友だちを「あんた」呼ばわりは当たり前、口からでまかせばかり言って、威張り散らすのは日常茶飯事。孤児でとして、大学に預けられて育った彼女が、仲間とともに下水道をも走りまわる姿は、まるで少女版“ジャイアン”のような暴れん坊ぶり。

 そんな“生意気”な主人公ライラを、完璧に演じられるのは、やっぱり“生意気”な女子しかいないはず! 一体どんな“生意気”少女が選ばれるのか、今から楽しみだ。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』は、2008年3月1日より,丸の内ピカデリー1ほかにて、全国公開
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』オフィシャルサイト<http://lyra.gyao.jp/>
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』“ギャオーディション presents ファンタジー・ヒロイン・オーディション”<http://audition.gyao.jp/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「黄金の羅針盤」を読む from 紫@試写会マニア (2007年7月24日 23時28分)
    来年映画化公開が待たれる、ライラの冒険シリーズ第一巻、フィリップ・プルマン著「黄金の羅針盤」を完読した。 正直、いつもお邪魔してTBさせてもらっている映画サイトのニュースで、この作品にニコール・キッドマンが出る、と読まなかったら知らなかった作品。 (アタシ結構知らないなー、文学・・・・) 児童文学というからそんなに難しいモンじゃないと思っていたけど、これ本当に児童向け!?と思ってしまいたくなる程、結構入り組んだ作品です。 (結構血なまぐさい部分もアリだし) 何が入り組んでいるかというと ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 7月
  4. 24日
  5. 超大作『ライラの冒険』の異色オーディションは日本一生意気な女子を募集!?