シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジェット・リー、中国の検閲に反対

ジェット・リー、中国の検閲に反対
ジェット・リー - Zhao Wei/WireImage.com

 ジェット・リーが、母国の中国で行われる厳しい映画検閲に反対するコメントをした。ガーディアン・オンラインによると、リーは自身のブログの中で、「検閲のために、作られるのは昔の中国の話ばかりだ」とコメント。「北京で『ターゲット・ブルー』の撮影が終わったとき、映画の中で描かれるような状況は現実にはありえないから、という理由で上映禁止になった」と語った。リーの出演作に関しては、2000年に『ロミオ・マスト・ダイ』がギャングを描いているという理由で上映されず、2001年には『キス・オブ・ザ・ドラゴン』が、リーの演じる警官役の描かれ方が理由で上映禁止となった。中国ではこの厳しい検閲のため年に20本ほどしかハリウッド映画が上映されない。最近ではチョウ・ユンファが出演した『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』が上映禁止となっている。リーは「観客が十分に現実と映画の違いを理解できるといい。映画ではすべてがリアルである必要はないんだから」と綴っている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「僕は字が読めない」 ハリウッドスター、ジェット・リー衝撃の告白! from 美容、健康、ファッション、その他と時事ニュース観察 (2007年9月23日 19時17分)
    21日、ハリウッドで活躍中のアクションスター、ジェット・リーは字が読めないという衝撃のニュースが伝えられた。子供のころから武術しか学んでいなかったからという。  2007年9月21日、中国のニュースサイト東方日報は、中国を代表するアクションスターでハリウッドでも活躍中のジェット・リー(李連杰)が、実は字が読めない非識字者であったと伝えた。  ジェット・リー、アンディ・ラウ(劉徳華)、金城武が主演を務めるピーター・チャン監督の新作映画「投名状」の中で、3人が4字熟語を言い合う誓いのシーンがあるのだが、セ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ジェット・リー、自らのブログで中国の映画検閲を批判 from NetSphere (2007年8月28日 21時51分)
    ジェット・リーが、母国の中国で行われる厳しい映画検閲に反対するコメントをした。ガーディアン・オンラインによると、リーは自身のブログの中で、「検閲のために、作られるのは昔... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 8月
  4. 28日
  5. ジェット・リー、中国の検閲に反対