シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

石田えりのネガティブ発言連発に「おれのせい?」と青山真治キレる【第64回ヴェネチア国際映画祭】

石田えりのネガティブ発言連発に「おれのせい?」と青山真治キレる
(左から)石田えり、青山真治、浅野忠信 - 写真:中山治美

 映画『サッド ヴァケイション』の公式上映が行われた翌日の1日、現地入りしている主演の浅野忠信、石田えりらがそろって日本人記者向けの会見を行った。その席上で、「イタリアの観客に、温かく観ていただいてホッとしました」と浅野やほかのメンバーが優等生発言をする中、ただ1人、石田が不満を口にした。

 同作品は第2コンペティション部門での上映で、公式上映は午前11時から。映画『嵐が丘』(1988)でカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを踏んでいる石田としては、その落差に拍子抜けした様子。公式上映の印象を尋ねられ、「レッドカーペットは(車から降りて)10歩ぐらいで終わっちゃった。観客も、夕方の上映のときはすごい人であふれていたのに、わたしたちのときは……なんか想像と違ったな」と愚痴モード。

 引き続き、ほかの映画祭との違いを尋ねられると、再び「カンヌの時は、出席者全員で着物を着てきらびやかで、回りも黒山の人だかりだったのに。なんか寂しかったな」とあまりのネガティブ発言の連発に、青山真治監督も「それは、おれに対する批判ですか? 何か、前向きな発言はないんですか?」と突っ込みつつ苦笑いしていた。

 それもこれも、撮影を通して親しくなった間柄だからこそ出た発言のようで、青山監督も「また、このアットホームなメンバーで映画を作りたい」と続編の製作を高らかに宣言。キャラクターによっては、劇中で死亡してしまう人物もいるが「その人は、よみがえらせます(笑)」と語り、浅野たちも思わず爆笑していた。なお、同作品は6日に開幕するカナダ・トロント映画祭にも出品される。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 9月
  4. 2日
  5. 石田えりのネガティブ発言連発に「おれのせい?」と青山真治キレる