シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「デスパレートな妻たち」、フィリピンの医療レベルをバカにして苦情殺到

「デスパレートな妻たち」、フィリピンの医療レベルをバカにして苦情殺到
とんだセリフを言わされてしまったテリー・ハッチャー - Chris Weeks/WireImage.com

 アメリカで新シーズンがスタートした「デスパレートな妻たち」のセリフが原因で、視聴者からの苦情だけでなく、フィリピン当局からもクレームがついた。このエピソードでは、テリー・ハッチャー演じるスーザンが、医師の診察を受けた際に閉経をむかえた可能性があると言われる。ムッとしたスーザンは壁にかかっている医師免許や医学部の卒業証書を見ながら「フィリピンとかにある医学部を出てるんじゃないでしょうね」というセリフを口にする。

 放送しているABC局には苦情の電話が殺到し、オンラインの請願書にはすでに3万人以上が署名している。請願書には「医療分野で働く多くのフィリピン人やフィリピン系アメリカ人の存在を見れば、フィリピンの医療を低評価したあのセリフは根拠のない非難であることは明らか」と書かれている。ABC局は、侮辱するつもりはなかったとコメントし、今後は同エピソードを編集して放送することを検討すると言っている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • デスパレートな妻たちに苦情殺到&カルロス役リカルド・チャビラが結婚! from 芸能界は任せてちょ! (2007年10月11日 14時21分)
    「デスパレートな妻たち」、アメリカでは新シーズンが始まったばかりなのに苦情が殺到... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 所詮アングロサクソン from マーク・ダーシーの日記 (2007年10月10日 18時57分)
    少なくとも脚本を書いた人間は有色人種を見下している。 ドラマは好きだけど、こういう傲慢な奴は嫌いだな。 「デスパレートな妻たち」、フィリピンの医療レベルをバカにして苦情殺到  アメリカで新シーズンがスタートした「デスパレートな妻たち」のセリフが原因で、視聴者からの苦情だけでなく、フィリピン当局からもクレームがついた。このエピソードでは、テリー・ハッチャー演じるスーザンが、医師の診察を受けた際に閉経をむかえた可能性があると言われる。ムッとしたスーザンは壁にかかっている医師免許や医学部の卒業証書を見 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 10月
  4. 10日
  5. 「デスパレートな妻たち」、フィリピンの医療レベルをバカにして苦情殺到