シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アン・リー監督、人との会話が苦手?

アン・リー監督、人との会話が苦手?
アン・リー監督

 『ラスト、コーション』でヴェネチア国際映画祭を制し、昨年は『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー監督賞を受賞したアン・リー監督だが、どんなに有名になってもシャイな性格は変わらないよう。リー監督はCNNのテレビ番組「トーク・アジア」の中で「映画の現場を離れると、どうも人と会話をするのが苦手なんだ。映画制作では頭の中のプランをこなすことができるんだが、夕食会なんかで席につくとどうも…」とコメント。世界的な名声を得たことについては「信じられないような重荷。でも映画作りには情熱を持っているし、それが僕の義務だと思う」と語った。[10月6日 香港]


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • アン・リー監督はヴィスコンティアン? from Mizumizuのライフスタイル・ブログ (2008年2月27日 17時41分)
    <きのうから続く>アン・リー監督の『ラスト、コーション』を見ているうちに思い出したヴィスコンティの『夏の嵐』。原題は『Senso』、イタリア語で「官能」という意味。Lust(情欲)とほとんど同じだ。[DVDソフト]原題もソックリなら、設定もかなり似ている。『夏の嵐... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シネマニュース 第44回金馬賞の最有力作品は『ラスト、コーション/色・戒』 from Coffee and Cigarettes (2007年12月8日 11時54分)
    <映画> 第44回金馬賞の最有力作品は『ラスト、コーション/色・戒』 関連記事: 映画『ラスト、コーション/色・戒』 アン・リー監督・出演陣がPRのため来日 アメリカ映画協会主... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 10月
  4. 11日
  5. アン・リー監督、人との会話が苦手?