シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

正月にジョニー・デップが見られる!歌も披露するティム・バートンの映像世界

正月にジョニー・デップが見られる!歌も披露するティム・バートンの映像世界
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 - (C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. and DreamWorks LLC. All Rights Reserved.

 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の大ヒットも記憶に新しいジョニー・デップだが、そのジョニーの新作映画がお正月映画として1月に日本で公開されることが決定した。タイトルは『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』で監督はティム・バートン。また、本作でジョニーが本格的な歌声も披露することが分かった。

 ティムとジョニーの組み合わせといえば『チャーリーとチョコレート工場』『シザーハンズ』や『スリーピー・ホロウ』などユニークで神秘的な映像のエンターテインメント大作が今まで大ヒットしてきたが、この『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』もそれらと同じにおいがする。

 原作はスティーヴン・ソンドハイムのトニー賞8部門(1979年)に輝く傑作ミュージカル。これを、ジョニーとティムがオリジナリティーあふれる映像でまったく別物に作り変えている。

 舞台は19世紀のロンドン。ジョニー演じる理髪師の顔を持つ殺人鬼スウィーニー・トッド。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も子も奪われたスウィーニー・トッドは復しゅうを胸に、目には狂気、そして手にはカミソリを持ちロンドンのフリート街を恐怖に陥れる。

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』は2008年1月19日、全国公開
オフィシャルサイト<http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 from 2008年 正月映画特集 (2007年11月19日 15時4分)
    シネマトゥデイより 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の大ヒットも記憶に新しいジョニー・デップだが、そのジョニーの新作映画がお正月映画として1月に日本で公開されることが決定した。タイトルは『スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師』で監督.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 公式サイト始動 from JAMING!! (2007年11月2日 23時57分)
    ジョニー・デップと鬼才ティム・バートンが送る、 『スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師』の 日本版公式サイト(こちら)がついに始動したもよう! 日本での公開は来年2008年1月19日。 特典がついているものは今のところ無いようですが、 すでに前売り券も発売されています。 今作はブロードウェイで何度も上演されているミュージカルを元にしています。 なのでジョニーの本格的な歌も披露されていますので、 ジョニーファン必見ですね☆ この情報がお役に立てたようで ...[外部サイトの続きを読む]
  • ついに決まった「スウィーニー・トッド」正式タイトルと公開日。 from moromoro_tomoart (2007年10月31日 3時43分)
    米国ではクリスマス映画の「スウィーニー・トッド」ですが、日本では正月第2弾の時期か。 シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新 正月にジョニー・デップが見られる!歌も披露するティム・バートンの映像世界 『ジョニーの新作映画がお正月映画として1月の日本公開が決定した。タイトルは『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』で監督はティム・バートン。また、本作でジョニーが本格的な歌声も披露することが分かった。 原作はスティーヴン・ソンドハイムのトニー賞8部門(1979年)に輝く傑作ミュージカル。これ ...[外部サイトの続きを読む]
  • スウィーニー・トッド from 映像と情報のまぜごはん (2007年10月30日 19時17分)
    シネマトゥデイさまより。 正月にジョニー・デップが見られる! 歌も披露するティム・バートンの映像世界 スウィーニー・トッド いよいよ来春ロードショーですよ。 どんな復讐劇が観れますでしょうか!? ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 10月
  4. 30日
  5. 正月にジョニー・デップが見られる!歌も披露するティム・バートンの映像世界