シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アーノルド・シュワルツェネッガー、スト決着に尽力

アーノルド・シュワルツェネッガー、スト決着に尽力
アーノルド・シュワルツェネッガー - Chad Buchanan / Getty Images

 カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーが、ハリウッドの脚本家たちによるストライキについて語った。BBCオンラインによると、シュワルツェネッガー知事は「できるだけ早く決着することが重要だ。国にとって非常に重大な経済打撃となる」とコメント。現在、ゴールデン・タイム枠で放送されている数本のトーク番組やドラマが製作中止となっており、また深夜枠のトーク番組のほとんどがリピート放送に追い込まれている。このままストが続けば、さらに多くの番組が11月末までに製作中止となる恐れがあり、そうなれば、スタイリストやメイク、カメラマンや大道具といった製作クルーたちが職を失うことになる。シュワルツェネッガー知事は「悲しいことに、このストで苦しむのはスタジオの重役でもなければ、組合のリーダーでもない。街頭に出ている脚本家でもない。彼らはみんな豊かな人々だ」とコメント。一方、スト行進に参加したティム・ロビンスは「これは億万長者の脚本家のストじゃない。ローンを払って家族を養わなくちゃならないミドルクラスのストなんだ」と語っている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 11月
  4. 15日
  5. アーノルド・シュワルツェネッガー、スト決着に尽力