シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

邦画界の現状を憂う深作監督、最新作はB級路線のホラー映画

邦画界の現状を憂う深作監督、最新作はB級路線のホラー映画
深作健太監督

 インターネットにも載っていない秘境“阿鹿里(あしかり)村”を訪れた2人の女子大生が、奇妙な風習を信仰する村人たちに襲われる恐怖を描く映画『エクスクロス 魔境伝説』。メガホンを取った深作健太監督に話を聞いた。

 原作は、第1回「このミステリーがすごい!」大賞で話題になった上甲宣之の「そのケータイはXXで」。超人気作だけに映像化には苦心したのかと聞くと、「上甲さんとは同世代なので、特に気負いはありませんでしたね。それに、僕ら2人とも『ジョジョの奇妙な冒険』の大ファン! 実は、個性の強いキャラクターや、人間本来のグロい部分を『ジョジョの奇妙な冒険』を意識して撮っていました(笑)」と意外な撮影コンセプトを明かした。

 そして、映画『バトル・ロワイアル』シリーズに象徴される硬派な作風と一味違うのも、話題を呼んでいる。「これまではメッセージ性が強い映画が多かったけど、今回は基本がホラーなので娯楽商品に仕上げました。不安もありましたが、観客が一番楽しめることだけ追求しました」と語る深作監督。「アクションで育ってきたので、心理に迫るのが“Jホラー”なら、もう一度フィジカルに戻したかった。体全体で楽しめて驚ける映画で、フレディやジェイソンへの回帰です」と登場人物が悪霊を撃退できない恐怖が主流の “Jホラー”との差異を強調した。

 そんな深作監督の思いを体現するのが、ハサミを凶器に襲い掛かる殺人鬼レイカ。オリジナルの設定を加え、原作者もうらやむ魅力的なキャラへ変ぼうした。「レイカ役の小沢真珠さんは、ドリフでいうなら志村さんを追い掛けるお化け(笑)。Jホラーだと思って訪れたヒロインたちが、ドリフ村で死にそうになる。“志村! 後ろ! 後ろ!”ってやりたかったわけです(笑)」とドリフ世代にはたまらない裏シチュエーションも告白した。

 観客を楽します“遊び”は、実はそれだけではない。今もっとも旬な声優、小山力也が“アノ役”のテンションで登場するのだ。「ああ、ジャック・バウアーですよね(笑)。小山さんへのオファーはプロデューサーのアイデアだったんですが、ジャックに聞こえるようにって拝み倒していましたね(笑)。僕はテレビドラマの「24」を観ていなかったので、勉強になりましたが(苦笑)」。劇中では携帯電話が重要な役割を担うため、そんなパロディー的な感覚も楽しい。

 「泣ける映画しか知らない若者が増えるのは怖い」と邦画界の現状を憂う深作監督。「先日、タランティーノ監督とロドリゲス監督の新作を観ましたが、「東映まんがまつり」みたいで楽しかった(笑)。本来、B級路線って楽しいものだっていうことを、もっと伝えていきたい」と最後には今後の自己テーマも。そんな志で撮られた深作監督の『エクスクロス 魔境伝説』。深作流、和製“グラインドハウス”をぜひ体感してほしい。

映画『エクスクロス 魔境伝説』は12月1日より全国東映系にて全国公開
オフィシャルサイト <http://xx-movie.com/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 4日
  5. 邦画界の現状を憂う深作監督、最新作はB級路線のホラー映画