シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

“L”今後のスピンオフ企画や松山ケンイチの素顔など、プロデューサーが大暴露!(1/2)

“L”今後のスピンオフ企画や松山ケンイチの素顔など、プロデューサーが大暴露!
Lサインでポーズを決める佐藤P。実は本編にジェット機内の乗客役で出演しているのでチェックしてみよう!

 2006年公開の映画『DEATH NOTE デスノート 前編』、『DEATH NOTE デスノート the Last name』。邦画では前代未聞の前編・後編同年劇場公開を実現し“デスノート現象”を巻き起こすほどの話題となった。2月9日からは『DEATH NOTE デスノート』シリーズ初のスピンオフ映画『L change the WorLd』が公開になる。自身も原作のファンファンだと語る、シリーズ3作を手がけた佐藤貴博プロデューサーに、本作の撮影裏話や、主演の松山ケンイチの素顔について話を聞いた。

 映画『DEATH NOTE デスノート 前編』の公開前から松山ケンイチが演じた“L”の魅力に着眼し「Lなら、もう一度映画化が可能」と考え、今回のスピンオフ企画が始動した。『DEATH NOTE デスノート the Last name』のラスト同様、スピンオフ映画もオリジナルで勝負することにしたため、“生みの苦しみ”が待っていたという。「ド派手なストーリーにすることも可能でした。でも『DEATH NOTE デスノート the Last name』のラストシーンで、Lが夜神総一郎に対して「ありがとうございました」と笑顔で告げて逝(い)くシーンにみんなが感動していたので、あの笑顔につながる空白の23日間描き出そうと決めました。さらに、中田秀夫監督が“少女”というアイデアを出してくれたので、ワタリ亡き後独りで死を迎えようとしているLに、護らねばならない存在が現われたらどうなるのか? というところから物語を創っていきました」と今回の物語が誕生したいきさつを教えてくれた。

 Lを演じた松山とは「2年の間に3本の映画をつくり、濃密な時間を過ごしました」と語るだけはあり、年齢差はあるもののプライベートでも飲みにいく間柄で、松山は佐藤プロデューサーを「たかひろ君」と親しみを込めて呼ぶという。「松山と中田監督と3人でいると中学生男子のようでとても楽しいです。くだらない話ばかりしています(笑)。おしゃれなバーなどへ行くことはなく、もっぱら居酒屋や牛丼屋。松山も気取ったことは苦手なので、僕らにスタイリッシュな遊びはないんです(笑)」と松山ファンにはうれしいプライベート情報を明かした。

 松山とは気心の知れた間柄だというが、まだ準備段階の台本を松山に見せたときの反応は思いのほか悪かったようだ。「近しい存在の松山が刃(やいば)を向けてきたので、つらかった」と振り返る。プロデューサーとして「やれ!」と強制することもできましたが、監督も含めて徹底して話し合いました。納得した上で演じてほしかったんです。今回のLプロジェクトでは出し惜しみせず、出し尽くすと決めていましたから」と当時を振り返った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 2008-08『L change the WorLd』を鑑賞しました。 from はっしぃの映画三昧! (2008年2月10日 15時33分)
    映画を鑑賞しました。秊 2008-08『L change the WorLd』(更新:2008/02/10) 評価:★★★☆☆ 迫り来るタイムリミットにLが挑む! 松山ケンイチのL(エル)の見納めになる作品ですね。 先週から日テレで『デス・ノート』を連.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 2月
  4. 7日
  5. “L”今後のスピンオフ企画や松山ケンイチの素顔など、プロデューサーが大暴露!