シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

007シリーズ22作目の悪役にフランス人俳優マチュー・アマルリックが決定

007シリーズ22作目の悪役にフランス人俳優マチュー・アマルリックが決定
マチュー・アマルリック - John Shearer / wireimage.com

 『007/カジノ・ロワイヤル』に続くシリーズ22作目の悪役に、『ミュンヘン』や『潜水服は蝶の夢を見る』の演技で高い評価を得ているフランス人俳優マチュー・アマルリックが決まったとイギリスのEmpire Onlineが伝えた。ジェームズ・ボンド役は『007/カジノ・ロワイヤル』から引き続きダニエル・クレイグがふんし、前作でマティスを演じたジャンカルロ・ジャンニーニが再び出演するのではといわれている。シリーズ22作目の監督には『チョコレート』や『主人公は僕だった』のマーク・フォースターがあたり、脚本は前作と同じくロバート・ウェイドとニール・パーヴィスとポール・ハギスが手掛け、来年11月7日の全米公開を予定している。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 主人公は僕だった from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2010年8月27日 16時47分)
    主人公は僕だったを鑑賞した。 主人公ハロルドは、几帳面な国税庁の会計検査… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 7日
  5. 007シリーズ22作目の悪役にフランス人俳優マチュー・アマルリックが決定