シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ロシア語はダメ! ウクライナ語の字幕か吹替でなければ上映禁止

 ウクライナの裁判所が、国内で上映されるすべての映画はウクライナ語の字幕または吹き替えでなければならないという厳しい判決を言い渡した。これは試写会などでの上映も含まれるという。ソ連崩壊後のウクライナは、母国語に対する意見が大きく分かれており、AFPによると1800人に聞いたアンケートで42%はウクライナ語を母国語に、30%はロシア語を母国語にすることを希望しているとのこと。市民の間では、ロシア語の吹き替えや字幕で上映される外国映画をボイコットする運動なども始まっているらしい。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 28日
  5. ロシア語はダメ! ウクライナ語の字幕か吹替でなければ上映禁止