シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ウィル・スミス、ヒトラー賞賛コメントは「ひどい誤解」

ウィル・スミス、ヒトラー賞賛コメントは「ひどい誤解」
誤解だぜ! - Jon Furniss / WireImage.com

 ウィル・スミスの言葉を引用した新聞に、アドルフ・ヒトラーを賞賛しているかのような意味合いに取られ、スミスはすぐに声明を発表してこれを否定した。スコットランドの新聞「ザ・デイリー・レコード」は、スミスの言葉を引用し、「ヒトラーだって、自分が行うことを良いことだと信じてやった」と掲載。またこの記事の著者は自らの意見として「ウィルは基本的に、すべての人は善良だと信じている」と記述している。多くのゴシップ・サイトで、この記事がまるで、スミスがヒトラーを善人だと考えているように記述していると取り上げられ、ユダヤ教団体からも批判が出た。スミスはこれに対しすぐに「ムカつく嘘だ」と、自分の言葉が間違って解釈されたことに怒りをあらわにし、声明を発表。その中で「アドルフ・ヒトラーは極悪人で、この世で最も邪悪な行為の責任を負うべき殺人者」と強調。ユダヤ教グループは「私たちはウィル・スミスの声明を歓迎し、彼が語った言葉は、ナチスの党首ヒトラーについて賞賛する意味ではなかったという点を認めます」と発表している。[ロサンゼルス 12月26日]


キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 31日
  5. ウィル・スミス、ヒトラー賞賛コメントは「ひどい誤解」