シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

長澤まさみのバイタリティーにインド人もびっくり?

長澤まさみのバイタリティーにインド人もびっくり?
「今までと違うわたしが見られます!」-長澤まさみ

 13日、長澤まさみ主演で昨年放送されたテレビドラマ『ガンジス河でバタフライ ディレクターズカット版』のDVD発売を記念してトークショーと上映会が行なわれた。会場のTOHO シネマズ六本木ヒルズには、長澤まさみのほか、脚本を担当した宮藤官九郎と、原作者のたかのてるこが駆け付け、インドロケの裏話を語った。

「インドに行くと(飲み慣れない水などで)体調を崩すっていうじゃないですか、下(しも)のほうが(笑)……」と下ネタ(?)を自ら切り出した長澤。「でもわたしは行く前に緊張で体調を崩してしまって、インドへ行ったら気を付けていたので大丈夫でした」とインドロケは無事乗り切ったそうだ。しかし、食べると体調が悪くなることもあり、無理に食べるよりは食べないでいたほうがいいと、朝、昼、晩と炭酸飲料やジュースだけ飲んで過ごすこともあったという。

 そんな大変な撮影も若さと元気、そして笑顔で乗り切り、主人公をみずみずしく演じ切った長澤のことを、宮藤官九郎は「お疲れ様でした(笑)。ガンジス河で泳ぐ長澤さんを見て涙が出ました」と褒め称えた。長澤のバイタリティーについては、撮影に同行した原作者のたかのてるこも「すごい」と感心したそうだ。また、たかのてるこはシルクを買おうと一緒に店に行ったとき、店のおじさんのほっぺたにキスして色仕掛け(?)で値切っていたらしい。

 長澤はインドについて「よくインドにいくと人生観が変わると言うけど、変わるほど自分は人生を生きてないから変わることはなかった。でも仕事でないとインドには行けないと思うし、行けたことだけでも自分にとってプラスになったと思う」と体当たりで頑張ったインドでの撮影を振り返っていた。

 『ガンジス河でバタフライ』はガンジス河でバタフライをするためにインドに行った女子大生てるこ(長澤まさみ)が、現地でのさまざまな出会いやカルチャーショックを通して成長する姿を描いた青春ドラマ。

『ガンジス河でバタフライ ディレクターズ・カット版』DVDは、1月18日に発売。2枚組みで5,040円
<http://dvdshop.toho-a-park.com/asp/ItemFile/10000733.html>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 1月
  4. 15日
  5. 長澤まさみのバイタリティーにインド人もびっくり?