シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

第34回ピープルズ・チョイス賞発表!録画放送で「脚本家がいないと何を言っていいかわからない」

第34回ピープルズ・チョイス賞発表!録画放送で「脚本家がいないと何を言っていいかわからない」
選んでくれてありがとう。

 ファン投票で決まるピープルズ・チョイス賞が発表され、お気に入りの映画男優にはジョニー・デップ、女優にはリース・ウィザースプーンが選ばれた。お気に入りの主演女優賞はドリュー・バリモア、男優はホアキン・フェニックスが受賞。今回のピープルズ・チョイス賞は、脚本家のストライキにより例年のような授賞式ではなく、事前録画された番組が放送されたが、フェニックスは受賞のコメントの際、無言でフリップに書いたコメントをカメラに向けた。フリップには「脚本家がいないと何を言っていいかわからない。本当に。でも、僕に投票してくれた数多くのファンに静かに感謝したい」と書かれていたという。ファン投票による“お気に入り”は下記のとおり。

映画男優: ジョニー・デップ

映画女優: リース・ウィザースプーン

主演女優: ドリュー・バリモア

主演男優: ホアキン・フェニックス

映画: 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

テレビ男優:パトリック・デンプシー

テレビ女優: キャサリン・ハイグル


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 1月
  4. 9日
  5. 第34回ピープルズ・チョイス賞発表!録画放送で「脚本家がいないと何を言っていいかわからない」